一日の取引回数を制限しよう

1日のFXでのトレード回数を決めましょう。

 

1日にFXの取引回数を固定しないと、

その日の取引に連敗してしまった時に

負け数に歯止めが効かなくなります。

 

取引回数を決めておけば

負け続けていても

それ以上負け続けることが無くなります。

 

また負け続けている時は、

相場が荒れている時が多いですので

次の取引をしたとしても負けてしまうことが多いでしょう。

 

そのためにも取引回数を決めておき、

負けた時は翌日までに気持ちを入れ替えるつもりで

その日の取引は終わりにしましょう。

 

ことわざでもよく言われるのが

仏の顔も3度までと言われていますので、

一日の取引回数を3回と決めておくのも良いかもしれません。

 

取引回数を決めておけば連勝している時も、

無駄に次の取引をして、

負けて勝ち分を減らすことなく

勝ち分を翌日に持ち越すことができますので、

気分よくその日を終えることが出来るでしょう。

 

一日の取引回数を決めておくという事は、

負けを抑制することにつながる良い制限ですね。

 

FXで資産運用

FXに資産運用をおすすめされることがあると思いますが、

初心者の方はFXが儲からない。

よくわからないから手を出したくないという人がほとんどでしょう。

 

FXは一旦取引をしてしまえば

非常にわかりやすい仕組みで動いており、

慣れてしまえば株式投資よりも簡単に

利益を上げることができますし、

 

24時間市場が動いていますので、

仕事を終わった後でも取引をすることが可能です。

 

損をしている人はFXのことがわかっていないとか、

自分の取引できる以上の利益を求めてしまったから

損失がかさんでしまったという人が多いです。

 

初心者であるほど儲けようとレバレッジを高くしてしまったり、

相場展開も予想できないのに手を出してしまったりとしてしまう人です。

 

FXで資産運用をしようとした場合、

しっかりとFXの勉強をしてから挑むようにしましょう。

 

もし、FXでの資産運用がうまくいくようになれば、

得た利益でしっかりと生活していくなんてことも可能です。

 

FXの通貨ペア―の決め方

2つの国の通貨を選んで、

どちらかの通貨でもう一つの通貨を買う事で

利益を生んでいくのがFXです。

 

そこで一番に考えなければならないのが、

その2つの通貨の選び方です。

 

たくさんの通貨がありますから、

その組み合わせも数倍に膨れ上がっていくのです。

 

考えだしたらきりがないほどあるので、

選び方の基準を知っていかないと始まりませんよね。

 

そこでFX初心者として利益に繋がる決め方があるのですが、

スワップ金利による決め方は、堅実に利益に繋がって行くと言われています。

 

スワップ金利が大きい国と

小さい国の組み合わせができるとその差によって、

利益がでてくるのです。

 

簡単に言えば、豪ドルやNZドルなどは金利が高いので、

買っておけば自然と利息がついてきますから、

それだけでも利益として残っていくことになって、

堅実に利益を生む方法のひとつとなっているのです。

 

とうとうお盆休みも本番です、
トレードはというととりあえず月曜まではストップ、
このタイミングで何をするかといえば

 

口座開設のめぼしいものを探したのですが、
なかなかネットの反応が悪い、
嫌われているのかもしれません。

 

ではメタトレーダーのEAはどうか、
BrainTrend2SigというEAが落ちていました、

 

新しいものではないのですが、
最近の風潮にもマッチした
オート感覚が高いタイプです。

 

要は、売り買いのタイミングを
全て矢印で示してくれるインジなんですが、
インストールはとりあえずまだ、
サイトでリアルタイム表示しているところがあったので眺めてました。

 

やはりこの時期もしっかり
システムトレードしてる人って偉いですね。

 

スキャルピングのタイミング

順張りスキャルピングで大切な事はズバリ言ってタイミングです。

 

これを逃すと利益を得られないばかりか
損失を出してしまう可能性が非常に高くなります。

 

またスキャルピングに大切なタイミングとは
相場の勢いが出る直前の事になります。

 

ここを抜けたら上昇する。
ここを抜けたら下落する。
そのタイミングを見極める事が一番必要です。

 

例えば100.00を上抜いた直後に
ロングエントリーと言う感じですね。

 

99.99でロングエントリーでは失敗するかもしれません。。

 

スキャルピングはそこまでタイミングに
シビアなトレード方法ですので注意しましょうね。

 

特に今のドル円の環境は
この100円の節目をうかがっている状況ですので、
この上下にオーダーが貯まりやすいです。

 

ですので一旦相場が動意付くと、
思わぬ値幅をともなう動きとなるかもしれません。
このようにFXを分析してみるのも面白いですよね!

 

悩み多きトレード

悩み多きトレーダーになって久しいです。

 

何故、エントリーしたら反転するのだろうか?
食事に出かけたりトイレに入っている間に
何故エントリーチャンスがきてしまうのか、、

 

などなど、
基本的に苦しんでしまうだろうことばかり、
これでは拉致があきません。

 

このような時は業者を変えてみるのみ、
それでもダメならバイナリーオプション?
たまにやりますね。
そしてそこで落ちたら寝るだけです。

 

睡眠といえば不足しがち、
特に寒い時期はつらいものがあります。

 

暑がりの性質なので
ふとんがしっかり定位置に
キープされていない、
くしゃみしながらチャート眺めてます。

 

デモトレードで
カイロでももらおうかな!

 

そういえば上位の成績見てみないと、、
懸賞トレードも盛んです。

有意義なGW?

GWを挟んで雇用統計では
ちょっと動きました。

 

ユーロ円はエントリーが
128.50位、利確が130位、
とおおまかではありますが
100pips超えたトレードも珍しい!

 

うまく波乗りが出来て、
GWの予定は無くても
有意義なお休みを
過ごすことができました。

 

トレンドも出ないなこれは、
と思った数日間が懐かしいですね。

 

指標発表はいつも様子見ですが、
米国のこの瞬間だけは縁起がよいかもしれません。

 

ところでGW直前は
チャートの動きもよかったですね、

 

リアクションもよくてスイスイと、
これは前々からトレード環境の問題?

 

いつも他のアプリ起動に関係なく
スイスイ動いてくれるトレードツール、
と思っていたらもっとよい環境になってます。
光でもこういうことありますよ。

損切りの設定で、損失を少なく押さえられるのがFX

FXを始めたのですが、
FXってレバレッジを大きくかけて成功すれば、
旨大きな利益に繋がります。

 

でも、その逆になると大変ですよね。

 

FXを知っていくと、
「損切り」というやり方があることが分かりました。

 

FXは世界で起る為替の変動を相手にしていくので、
24時間変わっていくことになります。

 

日本が夜の時に、日本の裏側は、
昼ですから、その時に動いていく
可能性は大きいのです。

 

私が夜寝ている間に大きく
為替レートが動いてしまって、
朝起きた時には大損をしていたなんてぞっとします。

 

「損切り」とは、損失のボーダーラインを
あらかじめ設定しておけるので、
投資をして行く上でのリスクを
少しでも少なくするものと考えれば良いのでしょう。

 

大損をする前にストップできるので、
少し安心しました。まさに損小利大ですね。